武州川口七福神

Posted by se@seseipon_99_7337 on 2015年10月5日 in その他 |

最近、埼玉県川口市のお寺や神社によく行きます。
もともと神社仏閣にお参りするのが好きで、お参りした感想などをネット上によく投稿していました。なぜ最近川口によく行くのかというと、理由はちょっと長くなります。

7月から習い事の受講回数を増やしたので、意識的に時間を作らないとお参りに行けない状態になり、習い事の行き帰りに立ち寄れる川口に目を向けたわけです。
はじめのうちは、三重塔で知られる西福寺や、路線バスの終点になっている峯が岡八幡神社(峯八幡)、江戸城大奥女中・瀧山のお墓があり、NHK大河ドラマ「篤姫」でも紹介された錫杖寺(しゃくじょうじ)など、そこそこ名の知られたところに行きました。
やがてネットや地図などで調べていくうちに、「武州川口七福神」の存在を知りました。

そして気が付くと、七福神のうち4か寺に足を運んでいたのです。これまで錫杖寺(福禄寿)、密蔵院(大黒天)、吉祥院(きちじょういん:毘沙門天)、正眼寺(しょうげんじ:寿老人)にお参りしてきました。武州川口七福神は、川口市内の7か寺で構成されています。

七福神のお寺には、「武州川口七福神」と書かれた揃いの幟が立っていて、見ていてかっこいいです。傑伝寺(けつでんじ:恵比須神)に事務局が設けられていて、川口市観光物産協会などのウェブサイトでも紹介されています。4か寺に行ってみて、それぞれのお寺に個性や見どころがあって面白かったです。

近いうちに残る3か寺―傑伝寺・西光院(弁財天)・正覚寺(布袋尊)―にも足を運んでみたいと思います。

Copyright © 2014-2017 消費者金融での使いすぎに注意! All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored theme, v2.5, from BuyNowShop.com.